墓地清掃

芝刈り

新型コロナウイルスの影響により、法事のキャンセルが相次いでおります。これまでは土日は慌ただしくしておりましたが、昨日は日曜日であっても何も予定が入っていない一日となりました。

そして、ふと何をしようかと思った時に、以前夢中になってやっていた芝生のお手入れを思い出しました。

3月の彼岸前に一度芝生を刈り、3月月末には芝生用の除草剤を散布しました。しかしながら、すでに芝生には雑草が繁茂。タンポポやスギナには、除草剤の効果が比較的あるのですが、特定の雑草(名前不明)には効果なく、手作業で除草することにいたしました。

今回は秋田からの变化の人も加わって二人での作業。すぐに終わると思って午前10時からスタートした芝刈りも、気がづけばなかなか作業が進みません。芝生内に堆積した古いサッチが思った以上であり、ホウキで掃けば掃く程大量に出てきます。

昼御飯を食べ、気がつけば夕方5時までの作業となりました。

ここ数年は、夏前に芝刈りを本格的にしていた記憶があるので、今年はかなり良いスタートダッシュとなりました。

今年はコロナの影響でしばらくはこのような法事がない状況が続くことが予想されます。

「お父さんは墓に芝刈りに!」

久しぶりに芝生の手入れを本格的に行って、ふと上記の言葉が頭に浮かびました。