平成25年12月 聖語

平成25年12月今月の聖語

社会の良薬

病気になると私達は、医師の処方、あるいは市販の薬を飲んで治そうとします。

今多くの人々は、私達の社会がどこか病んでいるように感じています。社会全体が健全にならなければ故人の真の幸福は訪れません。

社会全体を治療する良薬は、私達一人ひとりが美しく正しい心を穏やかに保つことです。この心を求めはじめたとき、安穏なる社会への道が必ず開けるのです。

報恩抄

この御遺文は、日蓮聖人が旧師道善房の訃報を受けられ、報恩回向のために撰述し、捧げられたものです。

日蓮聖人は、多くの艱難辛苦を乗り越えられ、お題目の信仰を布教されましたが、本書にて、その功徳は全て故道善房の聖霊に集まると示されました。

この報恩の信仰こそが日蓮聖人の魂の柱です。この柱は日蓮聖人の生涯を支え、今を生きる私達を励まし続けています。

建治2年(1276) 聖寿55歳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA