法事の時の並び方は

彼岸会法要

法事の時に頻繁に聞かれる質問が以下の質問です。

並び順はどうしたらよろしいでしょうか?

一般的に参列者の方の座席は、本堂の正面である御宝前の左右に配置されております。参列者の人数と座席の数によって状況は異なるのですが、御宝前に向かって右側から順に座っていただき、席が一杯になった場合には、御宝前に向かって左側の席にも座っていただくこととなります。時に区切りが良い時には、右側が喪主・お子さん・お孫さんで、左側には故人の兄弟や従兄弟というケースもございます。

しかし、家族構成も人数も各家庭によって異なりますので、必ずしもこの並び方でなければいけないというものではありません。御宝前に向かって右側から徐々に左側へと故人との関係の深さが弱くなっていくというのが基本となります。

大凡の目安として、座る順番は次のようになります。

  1. 喪主(故人の妻、夫、長男等)
  2. 生計を共にしていた故人の子供達
  3. 姓の変わった故人の子供達
  4. 故人の両親
  5. 故人の兄弟姉妹
  6. 故人の妻の両親
  7. 故人のおじ・おば・従兄弟・従姉妹
  8. 友人・知人
Instagram
Facebook
Twitter
SHARE